質問52 만약と혹시どう違う?

Q) 만약と혹시どう違う? 

A) 만약は「もしかして、もし」まだ起きてないことを想定して言うときに使います。 혹시は「ひょっとして」、「ひょっとすると」自分なりに考えて推測に基づいて何か尋ねる時に使います。

 

例文)
① 만약 내일 지구가 멸망한다면, 가장 먼저 뭘 하고 싶어? 
(もし明日地球が滅びるとしたら、一番先に何をしたい?)
② 만약 그가 범인이라면, 이미 출국했을 거야. 
(もしその人が犯人だとしたら、もう出国したはずだ!)
③ 혹시 절 아세요? (ひょっとして私のことを覚えてますか?)
④ 혹시나 임신한 것은 아닐까 의심했다니까. (ひょっとすると妊娠ではないか疑ったの。)

 

※ 만약は基本的に条件付なので「만약 -라면」という文型でよく使います。
例文:만약 내가 결혼을 한다면, 돈 많은 남자랑 할 거야.(もし私が結婚するのなら、お金持ちの男とするわ。)

 

※ 혹시は「-할 지도 모른다(-するかもしれない)」の推測の文型でよく使います。
例文:혹시 그 여자와 결혼하게 될 지도 모르지(ひょっとするとその女の子と結婚するかも知れないだろう、この文章で만약は不自然です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミリネ韓国語教室ホームページ こちら

役に立つ韓国語メルマガ配信中お申し込みは mirinae@kaonnuri.com まで

 

韓国語教室を東京でお探しなら新宿・日暮里のミリネ韓国語教室

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA