質問179 助詞「의」が、省略できる場合とできない場合を教えてください。

Q) 助詞「의」が、省略できる場合とできない場合を教えてください。

A)

[의]が省略できる場合

1.付属: 
책상 서랍 机の引き出し,
학교 선생님 学校の先生, 
회사일 会社の仕事

2.位置: 
나무 밑 樹の下, 
의자 아래 椅子の下,
학교 앞  学校の前

3.目的語の性格: 
경제 발전 経済の発展

4.人間関係:
남자 친구 男の友達、彼氏, 
옛날 애인 昔の恋人

5.産地、商品: 
한국 문화 韓国の文化, 
중국 상품 中国の商品

 

[의]が省略できない場合

1.強調、明記するとき

2.たとえ、比喩: 
침묵의 하늘 沈黙の空, 
행복의 물결 幸せの波,

3.名詞と名詞の間に連体形が挟まる場合:
교사의 바람직한 태도 教師の望ましい態度
누나의 아름다운 모습 姉の美しい姿
 
4.의の次に名詞が二つ以上続く場合
한국의 자주적 통일 韓国の自主的な統一
언니의 남자 친구 姉の男友達
중국의 상품 견본 中国の商品見本

5. 後続の体言が名詞句である場合
최고의 기쁨 最高の喜び, 
모짜르트의 위대함 モーツアルトの偉大さ

などがあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 韓国語学習者のためのエッセイ

【タングニの日本生活記】が2015年4月20日に出版されました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミリネ韓国語教室ホームページ こちら

役に立つ韓国語メルマガ配信中お申し込みは mirinae@kaonnuri.com まで

 

韓国語教室を東京でお探しなら新宿・日暮里のミリネ韓国語教室

 

 

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA