質問176 늘이다と늘리다の違いは何ですか。

Q) 늘이다と늘리다の違いは何ですか。

A)
늘이다と늘리다は韓国人もよく間違えるくらい似ている単語です。

■ 늘이다

1. 元の長さより長くなる (弾力性のあるものなど)
2. 下のほうに長く垂れ下がる
3. 線などを延長する

고무줄을 늘이다
ゴムバンドを伸ばす。
경계망을 늘이다
警戒網を増やす。
밧줄을 늘이다
ロープを長くする。

 

■ 늘리다

1. 物の長さ,広さ、体積などを大きくする(追加,延長)
2. 数や量がもとの数字より多くなる。
3. 力や勢いが大きくなる
4. 時間や期間が長くなる

 

바짓단을 늘리다
ズボンの裾を伸ばす。
학생 수를 늘리다
学生の数を増やす。
시험 시간을 30분 늘리다
試験の時間を30分延長する。

 

たとえば、바짓단을 늘리다は身長が伸びてズボンが短くなってしまった場合、ズボンの裾を長くすることを意味しますが、바짓단을 늘이다は伸縮性を確かめるために引っ張ってみるような状況で使います。

키가 커서 바지가 짧은데 바짓단을 늘려야겠어.
背が伸びてズボンが短くなったから、ズボンの裾を長くしなければいけないと思う。

아무리 편한 바지를 좋아한다고 해도 그렇게 마구 바지를 늘이면 안 되지 않아?
いくらラクなズボンが好きだと言っても、そんなにズボンを引っ張っちゃいけないんじゃないの?

このようなニュアンスの違いがあります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 韓国語学習者のためのエッセイ

【タングニの日本生活記】が2015年4月20日に出版されました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミリネ韓国語教室ホームページ こちら

役に立つ韓国語メルマガ配信中お申し込みは mirinae@kaonnuri.com まで

 

韓国語教室を東京でお探しなら新宿・日暮里のミリネ韓国語教室

 

 

 

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA