質問27 -해서と-하고の違いについて教えてください。

Q) -해서と-하고の違いについて教えてください。

A) '-서'と'-고'は日本語母語者にとって、「ーて」を訳すとき一番悩まされる所だと思います。「する」は하다ですが、「して」は'해서', '하고'に分かれるからです。では、どんな時、'해서'を使って、どんな時'하고'を使うか簡単に説明します。

해서を使う時、
1. 「~해서」が原因で次の文には必ず原因の結果が出る。
2. ある場所に行って-をする。(同じ場所)

하고を使う時、
1. 順番の意味で「ーを終えてから次のーをする」
2. 並べて羅列する。(これも、あれもする、したい)

例文)
その子供は勉強ができて賞をもらった。
①  그 아이는 공부를 잘 해서 상을 탔다. (O) 原因→結果
그 아이는 공부를 잘 하고 상을 탔다 (X、不自然です)

今日学校に行って勉強をした。
② 오늘 학교에 가서 공부를 했다. (O)
←学校という同じ場所に行って次の行動に入る。
오늘 학교에 가고 공부를 했다. (X、不自然です)
오늘 학교도 가고 공부도 했다. (O)
←学校にも行ったし、勉強もしたことだけ分かるが、
学校で勉強したかどうか分からない。

※ 해서(-ので) VS 하고(ーてから、並列)

③ 숙제를 해서 머리가 아파요. (宿題をしたので頭が痛いです)
일단 숙제를 하고 놀자. (とりあえず、宿題をしてから遊びましょう)

④ 이 라면은 국물이 진해서 인기가 있어요.(このラーメンはスープが濃くて人気があります)
이 라면은 면이 쫄깃하고 국물도 맛있어서 인기예요. (このラーメンは麺がもちっとしていて スープもおいしいので人気です)

⑤ 파티에서 모르는 사람과 이야기를 해서 친구가 됐어요 (パーティで知らない人と話をして友達になりました)
파티에서 모르는 사람과 이야기를 하고, 춤을 추는 것이 좋아요.(パーティで知らない人と話をしたり、ダンスも踊ったりすすのが好きです)

*後で-아서/어서と-고の違いについてまとめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミリネ韓国語教室ホームページ こちら

役に立つ韓国語メルマガ配信中お申し込みは mirinae@kaonnuri.com まで

 

韓国語教室を東京でお探しなら新宿・日暮里のミリネ韓国語教室

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA