82. 知っておくと役に立つ韓国語 [かかる]

 

今週のミリネメールマガジンは、会話で本当によく使われる単語、「~かかる・~をかける」についてです。

初級段階から使われる単語ですのでよくご存じだと思いますが、中級レベルになっても会話の際に

よく間違えたり、混乱する単語でもあります。

ですので、今週は初心に帰って、「かかる」について整理する時間を持とうと思います。

例文)

A: 벽에 걸려 있는 커다란 액자가 참 멋있네요.
壁にかかっている大きな額が本当に素敵ですね。

B: 역시 알아 보시네요! 돈 좀 들여 산 거예요.
さすが、お目が高い!ちょっとお金をかけて買ったものなんです。

A: 아, 비싼 거군요. 얼마나 들었는데요? 
わあ、高いものなんですね。いくらかかったんですか。

B: 구체적인 숫자를 말하기는 좀 그런데, 이태리 수작업 공장에서 공수하느라 시간도 돈도 꽤 들었죠.
具体的な数字を言うのはちょっとあれなんですが、イタリアの工房で、手に入れるのに苦労して時間もお金もかなりかかったんですよ。    

A: 네? 이탈리아에서 주문을 했다고요? 수작업이면 공임비도 꽤 들었겠네요.
え?イタリアで注文したですって?手作業なら工賃もかなりかかったでしょうね。

B: 세상에 단 하나뿐인 작품인데 그 정도야 들일 수 있어요. 그나저나 사치품이라 통관에 걸려서 얼마나 조마조마했는지요. 
世界でたった一つの作品ですから、その程度ならお金をかけられますよ。それはそうと、ぜいたく品なので通関に引っかかってしまい、どんなにかひやひやしたことか。

A: 정말요? 그래서 어떻게 됐는데요?
本当ですか?それでどうなったんですか?

B: 다행히 잘 통과됐어요. 정성과 시간을 들여 받아본 작품이니 더 애착이 가요.
幸いにも無事に通過しました。労力と時間をかけて受け取った作品なので愛着が湧きます。

A: 공들인 작품은 다르네요. 대단하세요. 
労力をかけた(こだわった)作品は違いますね。素晴らしいです。

上の文章にも、たくさんの「かかる」に関連した表現が登場しましたね。

1) 벽에 걸려 있다: 상태가 지속됨으로 표현할 때는 '-아/어 있다'를 쓰지요. 꼭 익혀 두세요. 
壁にかかっている:状態が持続していることを表現する時は '-아/어 있다'を使いますよね。必ず覚えてくださいね。

2) 돈이 들다/ 돈을 들이다: 돈과 비용에 관련된 표현은 '들다', '들이다'를 쓰니까 헷갈리지 마세요. 
お金がかかる/お金をかける:お金や費用に関連した「かかる」の表現は '들다', '들이다'を使いますので混乱しないように。

3) 얼마나 들었어요?: 비용에 관련해서 물어볼 때는 역시 '들다'를 써야겠습니다.
いくらかかりましたか?:費用に関連することを尋ねる時にはやはり'들다'を使わなければなりません。

4) 통관에 걸리다: '잡히다'의 뉘앙스로 한국에서도 '~에 걸리다'를 씁니다. 
예) 학교 담을 넘다가 선생님한테 딱 걸렸다. 
通関に引っかかる:'잡히다=捕まる'のニュアンスとして韓国でも '~에 걸리다'を使います。
例)学校の塀を越えるところで先生にちょうど引っかかった(捕まった)。

5) 시간이 걸리다と시간을 들이다の比較: 時間については絶対的に '걸리다'を使うと思いがちですが、何かを遂げるためにチカラや、労力や、費用などをかけた(費やした)という意味の場合は'들이다'を使います。
예) A: 이 요리를 만드는 데 3시간 걸렸어요. B: 역시 시간을 들인 요리는 맛이 다르네요!

例) A: この料理を作るのに3時間かかりました。B: やっぱり時間をかけた料理は味が違いますね!

最後の文章に登場した'공들다=労力がかかる、骨が折れる', '공들이다=労力をかける、骨をお折る'は中級以上の学習者の方は必ず覚えておかなければならない単語ですから、メモして置いてくださいね。

활용) 공든 탑이 무너지랴
応用)공든 탑이 무너지랴
ことわざです。『丹精込めて作り上げた塔が、崩れることがあろうか』→意味:誠意を尽くして成し遂げたことは、ムダにはならない。

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA