81. 知っておくと役に立つ韓国語 [化粧]

韓国の化粧品は最近、日本や中国のみならず世界各地で関心を集めているといいますが、

日本語の直訳では通じない表現が数々あるので、この機会に理解しておくと良いと思います。

例文)

A: 오늘 뭔가 달라 보이는데요? 화장했어요?
今日はなんだか違って見えるんですが。化粧しましたか。

B: 화장이야 늘 하지요. 오늘은 속눈썹을 집었어요. 피부 화장도 좀 바꿨고요. 
化粧はいつもしていますよ。今日はまつげをビューラーでカールさせてみました。肌の化粧もちょっと変えたし。

A: 와. 그러고 보니 속눈썹이 바짝 잘 올라갔네요. 피부에는 뭘 했는데요?
わあ。そう言われてみたら、まつげがぐんと上がりましたね。肌には何をしたんですか。

B: 요즘 날씨가 건조해서 스킨,로션,썬크림 바르고 비비크림에 수분 에센스를 섞어서 발랐어요.
最近、乾燥した天気なのでローション、乳液、日焼け止めを塗ったあとに、BBクリームに水分エッセンスを混ぜて塗ったんです。

A: 그래서 촉촉해 보이는군요. 
だから、しっとりして見えるんですね。

B: 봄이니까 아이섀도랑 볼터치(볼연지), 립스틱도 분홍색으로 해 봤어요.
春だからアイシャドーとチーク、口紅もピンクにしてみました。

A: 어쩐지 화사해 보였어요. 화장품을 전부 새로 샀어요?
どうりで華やかに見えました。化粧品を全部新しく買ったんですか。

B: 아뇨, 색조는 예전부터 쓰던 거예요. 기초만 새로 장만했어요. 그래도 돈이 꽤 들었어요.
いいえ。ポイントメイクは前から使っていたものですよ。基礎化粧品だけ新調しました。それでもかなりお金がかかりました。

A: 맞아요. 요즘 화장품 값이 장난 아니죠. 허리가 휜다니까요.
その通りです。最近、化粧品の値段が半端じゃありません。首が回らないんですから。

肌に直接つける化粧品を「기초 화장품 基礎化粧品」、アイシャドーや口紅などは「색조 화장품(直訳:色調化粧品)=ポイントメイク用品」と言います。

基礎化粧品は、「스킨 ローション」, 「로션 乳液」, 「에센스 美容液」, 「크림 クリーム」, 「썬크림 日焼け止め」などのことを言います。

漢字をそのまま韓国式に読んだ「화장수(×化粧水)」や「유액(×乳液)」という言葉は使わないので注意しなければなりません。

「비비크림 BBクリーム」や「파운데이션 ファンデーション」などをつけることは「바탕 화장 ベースメイク」と言います。

最近はつやのある肌を演出する化粧が流行しているため、水を含んだような肌と言う意味での「물광 피부 水光皮膚」や、

蜂蜜のように輝くという意味での「蜜光皮膚」という流行語もあるそうです。

知っておくとよい化粧関連の単語
● 화장품을 바르다 化粧品を塗る

● 눈썹을 그리다 眉を描く

● 잡티를 가리다 くすみを隠す

● 화장을 고치다 化粧を直す

● 화장을 지우다 化粧を落とす

● 화장이 번지다/ 지워지다 化粧が崩れる/落ちる

● 화장이 잘 먹다/ 안 먹다 化粧のノリがいい/化粧のノリが悪い


また、化粧とは直接関係ありませんが、やり取りの最後に出てきた慣用句「허리가 휘다(腰が曲がる)」も面白い表現ですね。金銭的な負担が重すぎるせいで腰がまがってしまうほどだ」と言う意味ですが、日本語で言えば「金銭的に苦しく首が回らない状態」のことを指します。

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA