31.「我が家」は韓国語で「우리집? 나의 집」どっち?

여러분 안녕하세요~ 

날씨가 무척 쌀쌀해졌네요. 

많은 지역에 눈이 내렸다고 들었는데요,

이동하실 때 조심하셔야겠어요! 

연말연시를 무사히 보낼 수 있었으면 좋겠네요.

皆さん、アンニョンハセヨ~

だいぶ冷え込んできましたね。

多くの地域に雪が降ったと聞きましたが、

お出かけになる際はお気をつけくださいね。

年末年始を何事も無く過ごせたらと思っております。

 

★ ミリネメールマガジン、知っておくと役に立つ韓国語 31. [ 우리?저희?]

 

이번주는 회화에서 자주 질문을 받는 '우리'와 '나의'에 관해 알아 보겠습니다. 

간단한 표현이지만 자주 헷갈린다고 하시는데요,

이번에 정리해 보셨으면 좋겠습니다.

今週は会話のレッスンでよく質問される「우리」と「나의についてまとめてみようと思います。

簡単な表現ですが、混乱しやすいと受講生の皆さんがおっしゃっています。

この機会に整理してみましょうね。

 

 

1. 우리집? 내 집? (うちの家、私の家)

 

A: "이번에 청소기를 바꿨어요. 어때요? 「今回、掃除機を新調しました。どうですか?」

B:  "이거 (우리 집/ 내 집) 것이랑 똑같네요. 써 보니 좋아요."「これ、 (우리 집 うちの家/ 내 집 私の家)と同じですね。使ってみたんですが良かったですよ。」

 

'우리'는 말하는 사람이 자기보다 높지 않은 사람과 이야기할 때,

'우리' 다음에 오는 대상이 자신과 관계된 것, 친밀한 관계임을 나타냅니다. 

우리」は話し手が自分よりも目下の相手に話す場合や、

우리」の次に来る対象が自分と関係があるもの、親密な関係を表します。

 

때문에 친구나 동료와 이야기할 때라면

'우리 집' , '우리 엄마', '우리 가족',  '우리 회사', '우리 학교'를 쓰는 것이 친밀감이 느껴지고 자연스럽습니다.

ですので、友人や同僚に話す場合でしたら

'우리 집' , '우리 엄마', '우리 가족',  '우리 회사', '우리 학교'を使うのが、親密さが感じられて自然な感じがします。

 

그렇지만, 정확한 소유 개념을 밝히고 싶을 때는 '나의'의 줄임말인 '내'를 씁니다.  

しかし、所有概念を正確にしてハッキリさせたい時には '나의'の縮約形である'내'を使います。

 

예문)

이 집은 내 집이니까 마음대로 하게 놔 두세요.

この家は私の家なんだから、やりたいようにさせて、ほっといてください。

내 가족에 대해 함부로 말하는 것을 참을 수 없다.

私の家族に対してやたらと口出しすることは我慢ならない。

최대주주가 되었으니 이제 내 회사다!

筆頭株主になったから、もう俺の会社だ!

 

 

2.  저의 어머니, 저희 어머니 (私の母、私どもの母)

 

"분홍색 한복을 입으신 분이 저의 어머니/ 저희 어머니입니다"

「ピンク色の韓服をお召しになった方が、私の母/私どもの母です」

대화하고 있는 상대가 윗사람이나 친하지 않은 사람이라면 자신을 낮추는 표현인

'저의(제) + 명사 ', '저희 + 명사'를 사용합니다.

対話している相手が、目上の人やそんなに親しくない人であれば、自身を低める表現である

'저의(제) + 名詞 'を使います。

 

예문)

제(저희) 가족은 제주도에 살고 있습니다. 

私の(私どもの)家族はチェジュドに住んでいます。

제(저희) 집은 아주 좁습니다.

私の(私どもの)家はとても狭いです。

저희 회사 제품을 이용해 주셔서 감사합니다. ('제 회사'는 안 됨)

私どもの会社の製品をご利用くださりありがとうございます('제 회사 私の会社'は使えない

 

위와 같이 친밀감을 표시하는 '우리'의 낮춤말인 '저희'를 사용하기도 합니다.

그렇지만 '제 회사'는 '제가 소유하고 있는 회사'라는 뉘앙스도 있기 때문에 '저희 회사'라고 하셔야겠습니다.

上記のように、親密さを表す「우리」を低めた単語である「저희を使ったりもします。

しかし、「제 회사 私の会社」は「私が所有している会社」というニュアンスも含まれてしまうため、「저희 회사 私どもの会社」と言わなければなりません。

 

또한, 대화하고 있는 상대방이 같은 그룹일 경우에는 '저희'를 쓰지 않습니다.

같은 회사 사람이라면 아무리 높은 직위의 사람이라도 '우리 회사'라고 해야 하지요.

'나라'에 대해서도 '저희 나라'가 아니라 '우리 나라'를 쓰는 것이 옳습니다.

また、対話している相手が同じグループに属している場合は「저희 私ども」を使いません。

同じ会社の人であれば、相手がいくら地位の高い人であっても「리 회사 話つぃたちの会社=わが社」と言うべきですね。

나라 国」についても、「저희 나라」ではなく、「우리 나라を使うのが正しいです。

 

자, 조금 정리가 되셨습니까?

'우리' 회원님들, 즐거운 주말 보내시기 바랍니다.

다음 주에 뵙겠습니다. 

さて、少し整理ができましたでしょうか。

우리うちの」メルマガ登録会員の皆さま、楽しい週末を過ごされますように。

また来週お目にかかりましょうね。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 韓国語学習者のためのエッセイ
【タングニの日本生活記】が2015年4月20日に出版されました。
日本生活15年のミリネ講師タングニの目に映った日本人、日本語、日本文化…100円ショップ、温泉、サムライ等25のテーマから成るエッセイ集。日韓対訳なので韓国語の全く読めない方でも問題なくお読みいただけます。只今本屋さんでベストセラーになっています!アマゾンのレビューなどご参考ください。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミリネ韓国語教室ホームページ こちら

役に立つ韓国語メルマガ配信中お申し込みは  まで

 

韓国語教室を東京でお探しなら新宿・日暮里のミリネ韓国語教室

 

 

 

답글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다.

CAPTCHA